現場の声は悲喜こもごも、福祉の仕事とは

介護職員初任者研修、介護福祉士、ケアマネ

最初は、ホームヘルパー、つまり今の介護職員初任者研修の資格を取得して、徐々に介護福祉士、そしてケアマネージャーなどにチャレンジしていくのが普通の流れです。最終的にケアマネージャーまでなると、資格手当だけではく、かなりの権限を与えられることになるので、仕事の責任は増しますが、やりがいは増えて行くでしょう。

 

ある意味、介護職員初任者研修は介護職の入門編といってもいいです。ちょっとした興味でこの資格を取得したとしても、そのときの感触で勉強、仕事としてアリかナシか、判断できることでしょう。もしもっと興味が出てきた、現場に出てそれだけの魅力がある仕事と気づけば、自分から上位資格にチャレンジする気持ちが出てくるでしょう。

 

もし介護職のニーズが高いから、将来性があるからという理由で、この資格、そして業界に入るとしても、本当に仕事として続けるのに、やはり仕事自体にやりがいや楽しみを見つけて欲しいと思います。確かに人とのコミュニケーション、そしてそれ故の難しさもある仕事ですが、毎日人と出会うことで悲喜こもごも、自分の人間的成長にも繋がるかもしれませんね。仕事としてやっていたことが、あとで大きな喜びになるというのは、とても幸せなことです。

参照リンク

e-介護職員初任者研修の資格|最短での取得方法はコレ!・・・ホームヘルパー2級の廃止に伴い新設された「介護職員初任者研修」。